結婚式で上映するプロフィールビデオを手作りしました。

3年前の結婚式を挙げましたが、その時に上映するプロフィールビデオは自分たちで手作りしました。素人っぽくならずなかなか満足のいく仕上がりになり、ゲストの方々にも褒めていただけました。どのような点に気を付けて作成したかを挙げてみます。まずは曲と写真の動きのタイミングが合うように注意することです。歌詞の切れ目や局長の切り替わりで写真を変えるようにすると、スムーズになります。次に、文字のフォントを華奢なもので統一し、さりげなくすることです。太めのどっしりしたものや絵文字を多用すると、素人感丸出しになってしまいます。それから、写真の切り替えパターンをあれこれ変えるのではなく、これもシンプルなものに統一することです。最近のムービーメーカーは機能が充実していて、作っていて楽しくなり、あれもこれも盛り込みたくなってしまいますが、それだと見ている方は疲れてしまいます。ゆったりとリラックスした気持ちで見ていただくには、あまりごちゃごちゃし過ぎない方がいいと思います。また、画面に一度に何枚もの写真を出すと、どれを見たらいいかわからなくなったり、写真がどんどん切り替わると追いつけなくなったりします。見る人の気持ちを考えて、写真の枚数は厳選する、写真は長めに表示する、なども大切かと思います。

プロフィールビデオはプロに依頼。

結婚式やいろんなイベントでよく使われるプロフィールビデオの作成には、きちんとしたプロの業者さんが存在します。職人のように器用な方々は、自分達でプロフィールビデオの編集から素材集めなどをしてしまう方もいますが、もし誰も出来なければ業者さんに注文すると素晴らしいプロフィールビデオが完成します。まずは自分達が理想とするやりたい背景や素材などを相談しながらプロフィールビデオを作成してくれますので、本格的なプロフィールビデオに仕上げてもらうことも出来ますし、業者さんによっては価格が違いますが、昔よりも比較的に低コストから見積もりを出してくれるところもありますので、事前に調べておきましょう。特に大切な記念にしたいという理由で作成されたプロフィールビデオには、今までの自分達の歴史や思い出がたくさん詰まっていると思います。プロフィールビデオに出演している人物像をイメージさせたり、ドラマチックな内容がたくさん詰まっている演出も見たことがありますが、見ている側にも伝わるような素晴らしい作品にしたいですよね。プロフィールビデオは時間がたって見てみると、感動や喜びが伝わってくる大切な思い出になりますので、是非プロの業者さんに注文してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


Parse error: syntax error, unexpected T_ENDIF in /home/users/0/blush.jp-hotel/web/webtools2000.com/wp-content/themes/codium-dn/footer.php on line 11